佐倉宗五郎(読み)さくらそうごろう

精選版 日本国語大辞典「佐倉宗五郎」の解説

さくら‐そうごろう ‥ソウゴラウ【佐倉宗五郎】

[一] 江戸初期の下総佐倉藩の義民。本名木内惣五郎。宗吾とも。下総公津村の人。代々農業をして百余箇村の割元名主を務めていた。一説に正保二年(一六四五)、領主堀田氏の苛酷な税政を幕府に直訴したが、願いは聞かれず越訴(おっそ)を企てた罪で死罪となったという。生没年未詳。
[二] 歌舞伎脚本「東山桜荘子(ひがしやまさくらそうし)」「佐倉義民伝」の通称

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「佐倉宗五郎」の解説

佐倉宗五郎
(通称)
さくらそうごろう

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
花雲佐倉曙
初演
嘉永5.3(大坂・角の)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android