コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐倉義民伝 サクラギミンデン

4件 の用語解説(佐倉義民伝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さくらぎみんでん【佐倉義民伝】

歌舞伎浄瑠璃の一系統で、佐倉惣五郎の直訴事件を脚色したもの。歌舞伎狂言東山桜荘子(ひがしやまさくらそうし)」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さくらぎみんでん【佐倉義民伝】

下総国印旛郡公津台方村の名主佐倉宗吾(佐倉惣五郎)が,佐倉藩の重税の負担に苦しむ農民を代表して将軍に直訴,租税は軽減されたが宗吾夫妻は磔(はりつけ)にされたという話は,史料の不足から,事実の有無,その年代など,諸説紛々としているのが実情である。こうした宗吾伝説をもたらすのに,地方巡演を業としていた講釈師の存在を無視することはできない。行く先々で,その土地出身者の功績や風習を語った彼らは,百姓一揆のさかんな土地で佐倉宗吾の伝記を語り,それが講談《佐倉義民伝》に形成されたと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さくらぎみんでん【佐倉義民伝】

下総しもうさ国佐倉の木内惣五郎の直訴事件を脚色した歌舞伎・浄瑠璃の総称。三世瀬川如皐じよこう作「東山桜荘子ひがしやまさくらそうし」、三世桜田治助・河竹黙阿弥作「桜荘子後日文談」など。 → 佐倉惣五郎

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐倉義民伝
さくらぎみんでん

歌舞伎(かぶき)、浄瑠璃(じょうるり)、講談の題材および演目名。佐倉惣五郎(そうごろう)の名で知られる義人木内宗吾(そうご)の事跡を脚色したもの。まず実録本や講談に扱われ、劇化の最初は1851年(嘉永4)8月江戸・中村座初演の3世瀬川如皐(じょこう)作『東山桜荘子(ひがしやまさくらそうし)』。室町幕府の東山時代を背景に、柳亭種彦(りゅうていたねひこ)の『偐紫田舎源氏(にせむらさきいなかげんじ)』を絡ませ、宗吾を浅倉当吾、堀田正信(ほったまさのぶ)を織越政知の名で脚色、主役の4世市川小団次(こだんじ)の好演で評判になった。のち1861年(文久1)河竹黙阿弥(もくあみ)が「田舎源氏」の筋を抜き『桜荘子後日文談(ごにちのぶんだん)』の名題(なだい)で補訂した脚本が基盤になり、その後も名題は種々変わったが、明治後期からは役名を実名どおりとし、名題も『佐倉義民伝』にほぼ定着して今日に至った。
 下総(しもうさ)(千葉県)佐倉の名主木内宗吾は、領主堀田上野介(こうずけのすけ)の暴政に苦しむ農民を救うため、江戸屋敷に門訴したが、不成功に終わったので、いったん国へ帰り、監視厳しい印旛(いんば)沼を渡し守甚兵衛の義侠(ぎきょう)で渡って、妻子に別れを告げ、ふたたび江戸へ上り、上野・寛永(かんえい)寺で将軍に直訴する。願いはかなえられるが、上野介は宗吾を妻子もろとも磔刑(はりつけ)に処したあと、宗吾一家の亡霊に悩まされ、ついに堀田家は滅びる。歌舞伎に珍しい農民劇。まれに「門訴」や宗吾の叔父光然(こうぜん)の祈りを描いた「仏光寺」が上演されるが、有名なのは「渡し場」「宗吾内子別れ」「直訴」の3場で、とくに「子別れ」は雪を効果的に使った愁嘆場として名高い。宗吾は初代中村吉右衛門(きちえもん)の当り芸であった。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の佐倉義民伝の言及

【佐倉惣五郎】より

…惣五郎を葬ったという成田市の東勝寺(宗吾霊堂)には多数の参詣者がある。【児玉 幸多】
[伝承と作品化]
 惣五郎伝説は実録本《地蔵堂通夜物語》(宝暦以降に成立)もしくは講釈師石川一夢,初世一立斎文車らの《佐倉義民伝》によって,幕末期にかなり人口に膾炙(かいしや)した。くわえて歌舞伎劇に舞台化され,惣五郎像は当時の民衆のなかに定着。…

【東山桜荘子】より

…別名題《東山殿花王彩幕(ひがしやまどのさくらのいろまく)》《返咲桜草子(かえりざきさくらそうし)》。通称《佐倉義民伝》《佐倉宗吾》。3世瀬川如皐作。…

※「佐倉義民伝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

佐倉義民伝の関連キーワード国印佐倉惣五郎直訴総国龍夢川上右仲寺島治朗西村郡司印旛[村]

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐倉義民伝の関連情報