コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐土原城 さどはらじょう

1件 の用語解説(佐土原城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

さどはらじょう【佐土原城】

宮崎県宮崎市佐土原町上田島字追手にあった山城(やまじろ)で、本丸をはじめ5つの曲輪(くるわ)が階段的に配置された縄張りをしており、最盛期には三層の天守があった。国指定史跡。城は建武年間(1324~36年)に伊東氏の一族・田島休助によって築かれ、日向国の大半を制した伊東義祐(よしすけ)の隠居城となり、義祐によって城の規模も拡大された。1577年(天正5)、伊東氏が島津義久に敗れ豊後(ぶんご)に逃れた後、義久の実弟島津家久が城主となった。1587年(天正15)、豊臣秀吉九州征伐後も家久が城主となることになったが、豊臣秀長が家久を恐れたため毒殺されたという。1600年(慶長5)には島津豊久(家久の子)が関ヶ原の戦いで戦死して一時天領となったが、その後、島津以久が3万石を領して入封、以後明治まで領した。JR日豊本線佐土原駅から西都行きバスで東春田下車、徒歩約8分。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐土原城の関連キーワード田野宮崎宮崎医科大学笹の才蔵宮崎空港サンマリンスタジアム宮崎宮崎市民文化ホール宮崎山形屋佐土原[町]大光寺

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐土原城の関連情報