佐川英三(読み)さがわ えいぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐川英三 さがわ-えいぞう

1913-1992 昭和時代の詩人。
大正2年9月4日生まれ。第一書房,北斗書院勤務をへて印刷業をいとなむ。生地奈良県の詩人野長瀬正夫に啓発され17歳のころから「日本詩壇」に投稿,「豚」「現代詩精神」をへて「日本未来派」同人。昭和14年以来詩集「戦場歌」「若い湖」「絃楽器」を発表。ほかに編著「高村光太郎詩がたみ 愛と真実」など。平成4年11月22日死去。79歳。大阪鍼灸学校卒。本名は大田行雄。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android