コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐江衆一 さえ しゅういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐江衆一 さえ-しゅういち

1934- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和9年1月19日生まれ。「文芸首都」同人となり,昭和36年「繭」で注目される。「闇の向うへ跳ぶ者は」「横浜ストリートライフ」など社会的なテーマを追う作品を発表。平成2年「北の海明け」で新田次郎文学賞。7年「黄落(こうらく)」でBunkamura ドゥ マゴ文学賞。8年「江戸職人綺譚」で中山義秀文学賞。東京出身。文化学院卒。本名は柿沼利招(としあき)。作品はほかに「遥か戦火を離れて」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐江衆一の関連キーワード北林 谷栄人間の約束

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android