コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文芸首都 ぶんげいしゅと

1件 の用語解説(文芸首都の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文芸首都
ぶんげいしゅと

文芸雑誌。 1933年1月~70年1月。保高 (やすたか) 徳蔵が新人の育成を目指して創刊,編集した雑誌で,その個人的努力で維持された。上田広の『黄塵』,芥川賞を受けた半田義之の『鶏騒動』や芝木好子の『青果の市』などを掲載,戦後は,北杜夫,なだいなだ,佐藤愛子中上健次ら多くの新人作家の檜舞台となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文芸首都の関連キーワードしがらみ草紙新小説文学界文芸文芸倶楽部文章世界槿磯野秋渚福武哲彦文芸雑誌

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文芸首都の関連情報