コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐竹次郎 さたけ じろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐竹次郎 さたけ-じろう

1896-1959 昭和時代の実業家。
明治29年7月生まれ。南満州鉄道,南朝鮮鉄道に勤務,のち木曾川水電取締役となる。戦後は富国生命保険社長をへて,昭和28年昭和電工社長。石川一郎会長,安西正夫専務らとともに昭電疑獄事件で荒廃した同社の再建をはかった。33年会長。昭和34年10月21日死去。63歳。山梨県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐竹次郎の関連キーワード昭和時代実業家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android