コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南満州鉄道(読み)ミナミマンシュウテツドウ

デジタル大辞泉の解説

みなみまんしゅう‐てつどう〔みなみマンシウテツダウ〕【南満州鉄道】

日露戦争でロシアから獲得した南満州の鉄道とその付属事業を経営する半官半民国策会社。明治39年(1906)設立。満州国創立後は満州国有となった鉄道全部を経営、他の産業部門にも進出し、日本の中国侵略の拠点となった。昭和20年(1945)中国が接収満鉄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みなみまんしゅうてつどう【南満州鉄道】

ポーツマス条約によりロシアから獲得した長春以南の鉄道および付属事業を経営する目的で、1906年(明治39)設立された半官半民の国策会社。満州国成立とともに、同国内の鉄道全線の運営・新設を委託されたばかりでなく、鉱工業を中心とする多くの産業部門に進出し、植民地支配機構の一翼をになった。45年、中国が接収。満鉄。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南満州鉄道の関連情報