コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南満州鉄道 ミナミマンシュウテツドウ

3件 の用語解説(南満州鉄道の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みなみまんしゅう‐てつどう〔みなみマンシウテツダウ〕【南満州鉄道】

日露戦争ロシアから獲得した南満州の鉄道とその付属事業を経営する半官半民国策会社。明治39年(1906)設立。満州国創立後は満州国有となった鉄道全部を経営、他の産業部門にも進出し、日本の中国侵略の拠点となった。昭和20年(1945)中国が接収。満鉄。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みなみまんしゅうてつどう【南満州鉄道】

ポーツマス条約によりロシアから獲得した長春以南の鉄道および付属事業を経営する目的で、1906年(明治39)設立された半官半民の国策会社。満州国成立とともに、同国内の鉄道全線の運営・新設を委託されたばかりでなく、鉱工業を中心とする多くの産業部門に進出し、植民地支配機構の一翼をになった。45年、中国が接収。満鉄。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南満州鉄道の関連キーワード東清鉄道奉天会戦満州事変満鉄日露戦争と捕虜大連と旅順お栄沖禎介津久居平吉

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南満州鉄道の関連情報