コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南満州鉄道 ミナミマンシュウテツドウ

デジタル大辞泉の解説

みなみまんしゅう‐てつどう〔みなみマンシウテツダウ〕【南満州鉄道】

日露戦争でロシアから獲得した南満州の鉄道とその付属事業を経営する半官半民国策会社。明治39年(1906)設立。満州国創立後は満州国有となった鉄道全部を経営、他の産業部門にも進出し、日本の中国侵略の拠点となった。昭和20年(1945)中国が接収満鉄

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

南満州鉄道【みなみまんしゅうてつどう】

満鉄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

みなみまんしゅうてつどう【南満州鉄道】

ポーツマス条約によりロシアから獲得した長春以南の鉄道および付属事業を経営する目的で、1906年(明治39)設立された半官半民の国策会社。満州国成立とともに、同国内の鉄道全線の運営・新設を委託されたばかりでなく、鉱工業を中心とする多くの産業部門に進出し、植民地支配機構の一翼をになった。45年、中国が接収。満鉄。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

南満州鉄道の関連キーワードシェンター(瀋大)鉄道満州重工業開発[株]ピンソイ(浜綏)鉄道桂=ハリマン協定二十一箇条要求ポーツマス条約小日山 直登犬塚 信太郎堀 覚太郎西村 実造久保田政周松岡 洋右大連と旅順柳条湖事件満鉄付属地東海林太郎押川 一郎改野 耕三高橋本吉押川一郎

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南満州鉄道の関連情報