南満州鉄道(読み)みなみまんしゅうてつどう

旺文社世界史事典 三訂版の解説

南満州鉄道
みなみまんしゅうてつどう

満州の長春から大連・旅順 (りよじゆん) を結ぶ鉄道略称満鉄
ロシアがシベリア鉄道支線として敷設した東清鉄道の一部で,日露戦争の結果,日本に譲渡されたもの。日本は半官半民南満州鉄道株式会社(満鉄)を作り,満州を半植民地化する足がかりとした。第二次世界大戦後,ヤルタ協定によって中ソ共同経営となったが,1952年中国に返還され,現在は中国長春鉄路という。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉の解説

みなみまんしゅう‐てつどう〔みなみマンシウテツダウ〕【南満州鉄道】

日露戦争ロシアから獲得した南満州の鉄道とその付属事業を経営する半官半民の国策会社。明治39年(1906)設立満州国創立後は満州国有となった鉄道全部を経営、他の産業部門にも進出し、日本の中国侵略の拠点となった。昭和20年(1945)中国が接収。満鉄。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

みなみまんしゅう‐てつどう みなみマンシウテツダウ【南満州鉄道】

日露戦争終結後、明治三八年(一九〇五)に締結されたポーツマス条約によって、ロシアから日本に譲渡された東清鉄道ほか支線を含む南満州の鉄道。日本の満州経略上の重要拠点となった。昭和一〇年(一九三五)鉄道売却の協定が成立、形式上満州国の所有に帰したが、同二〇年中国に接収された。満鉄。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android