コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐竹騒動 さたけそうどう

世界大百科事典 第2版の解説

さたけそうどう【佐竹騒動】

1755‐57年(宝暦5‐7)ごろに秋田藩主佐竹氏の世嗣問題と銀札(藩札の一種)の発行問題がからんで生じた事件。これを題材とした読本に《秋田杉直(なおし)物語》《秋田治乱記》がある。5代藩主義峰(よしみね)(1690‐1749)は分家の壱岐守家から宗家に入ったが,子に恵まれず分家の式部少輔家の義堅(よしかた)を養子にした。しかし義堅が死去したので義堅の子義真(よしまさ)(1732‐53)を養子にした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

佐竹騒動の関連キーワードリスボン忠海鶴屋南北アディソン・ウェスリー・ロングマン怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)カント(Immanuel Kant)七年戦争政治経済論ワルシャワ大学フランクリン(Benjamin Franklin)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone