コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国安 コクアン

デジタル大辞泉の解説

こく‐あん【国安】

国家の安泰。
「―の為(た)めに大切なる事なり」〈福沢福翁百話

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国安 くにやす

?-? 鎌倉時代の刀工。
京都粟田口(あわたぐち)派の祖・国家の3男。承元(じょうげん)(1207-11)のころ後鳥羽上皇番鍛冶(ばんかじ)のひとりとなり,山城守の官名を受領したとつたえられる。通称は藤三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こくあん【国安】

国家の安泰。 「 -の為めに大切なる事なり/福翁百話 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国安
くにやす

愛媛県東部、西条(さいじょう)市の一地区。旧国安村。天保(てんぽう)年間(1830~1844)から手漉(てす)き和紙(奉書紙)の生産が行われ、全国的に知られた。しかし後継者難で業者は減少している。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

国安の関連キーワード愛媛県宇和島市吉田町鶴間菊川(静岡県の川)さよひめのさうし飯田神左衛門尉大明京(3代)周桑手すき和紙歌扇亭三ツ丸ボサ・ノバ粟田口有国結婚行進曲新聞紙条例岩崎弥之助墨俣川の戦越前打刃物安口の判官小笠原長時甘雨亭叢書梁川紅蘭佐竹義敦根岸松齢

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国安の関連情報