国安(読み)コクアン

  • くにやす
  • 国安 くにやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

?-? 鎌倉時代の刀工。
京都粟田口(あわたぐち)派の祖・国家の3男。承元(じょうげん)(1207-11)のころ後鳥羽上皇番鍛冶(ばんかじ)のひとりとなり,山城守の官名を受領したとつたえられる。通称は藤三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愛媛県東部、西条(さいじょう)市の一地区。旧国安村。天保(てんぽう)年間(1830~1844)から手漉(てす)き和紙(奉書紙)の生産が行われ、全国的に知られた。しかし後継者難で業者は減少している。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 国家の安泰。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「国安の防護は、重に海軍にあり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国安の関連情報