コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤元清 さとう もときよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤元清 さとう-もときよ

?-? 南北朝時代の武将。
観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)で,足利尊氏方の小笠原為経(おがさわら-ためつね)に属し,信濃(しなの)(長野県)で諏訪(すわ)氏とたたかう。さらに仁木義長(にき-よしなが)に属して伊勢(いせ)(三重県)に転戦。その功により,貞治(じょうじ)2=正平(しょうへい)18年(1363)近江(おうみ)(滋賀県)安吉保御厨(あきほのみくりや)をあたえられた。号は浄勝。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android