コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤蕉廬 さとう しょうろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤蕉廬 さとう-しょうろ

1807-1879 江戸後期-明治時代の国学者。
文化4年生まれ。幕府金座の役人。小山田与清(おやまだ-ともきよ)の門にまなぶ。詩にすぐれ蔵書家,考証家としても知られた。明治12年7月29日死去。73歳。名は信古。字(あざな)は子老。通称は彦吉,次左衛門。著作に「黄金出処考」「蕉廬詩鈔」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐藤蕉廬の関連キーワード国学者

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android