コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤錦

デジタル大辞泉プラスの解説

佐藤錦

山形県、山梨県南アルプス市秋田県湯沢市などで生産されるサクランボ。中生。果実は7グラム程度で、短いハート型。甘みと酸味のバランスがよく日持ちもよい。贈答用にも人気。山形県東根市篤農家、佐藤栄助氏が「ナポレオン」と「黄玉」を交配し育成したサクランボの代表的な品種で、同県で生産されるサクランボの約7割を占める。1914年に命名。育成者の佐藤氏の名前と、「砂糖のように甘い」意をかけあわせた名称。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の佐藤錦の言及

【サクランボ(桜坊)】より

…主産地は山形県で,日本のオウトウ栽培面積の60%以上を占めている。主要品種には日ノ出,ジャブレー,佐藤錦,高砂,ナポレオン(イラスト)などがある。自家不和合性ならびに他家不和合性があるので,結実確保のため交配和合性品種を受粉樹として混植する必要がある。…

※「佐藤錦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐藤錦の関連情報