甘い(読み)アマイ

デジタル大辞泉「甘い」の解説

あま・い【甘い】

[形][文]あま・し[ク]
砂糖やみつのような味である。「あっちのにがいぞ、こっちの水は―・いぞ」→五味ごみ
塩けが少ない。辛くない。「味つけが幾分―・かったようだ」⇔辛い
口当たりが穏やかで、刺激が少ない。酒の味などにいう。「―・いワイン」⇔辛い
(味覚以外の感覚に転じて)
㋐蜜のようなにおいがする。「香水の―・い香り」
㋑話しぶりが巧みで、人をたぶらかすさま。うまい。「―・い言葉で誘う」
㋒心地よくうっとりさせるさま。「―・い声でささやく」「―・いマスクの男」
㋓恋人や夫婦が、仲がよく、幸せそうなさま。「―・い新婚生活」
㋔ファッションで、リボンフリル、パステルカラーなどを用いて少女風のかわいらしさを強調しているさま。「―・い服を着こなす」

㋐厳しさに欠けているさま。また、くみしやすいさま。「子供に―・い親」「相手を―・く見たのが誤りだ」
㋑評価の基準が厳格でない。「―・い採点」⇔辛い
㋒しっかりした心構えができていない。「そんな―・い考えでは世間は渡れない」
楽しく、快いさま。「酸いも―・いもみ分ける」
物事の機能が本来あるべき状態より衰えているさま。「このナイフの切れ味は少し―・い」「ねじが―・くなる」
株価の動きが鈍く低落気味だ。「―・い相場」
[派生]あまがる[動ラ五]あまさ[名]あまみ[名]
[類語](1甘ったるい甘口あまくち甘美かんび甘み甘味甘露甘辛甘辛い甘酸っぱいしょっぱい塩辛い辛いスイート/(5手ぬるい生ぬるい甘っちょろい安易いいかげん手軽てがる安直適当杜撰ずさん放漫漫然閑却等閑なおざりお座なりおろそかゆるがせ粗末でたらめぞんざい投げ遣りちゃらんぽらん易きに付く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android