甘い(読み)あまい

盆栽用語集の解説

甘い

灌水量を言い表す言葉。「水が甘い」とは、灌水の量が多め、つまり1日の水やりの回数が多いという意味。逆に灌水の度合いが少ない場合は水が【辛い(からい)】という。

出典 (株)近代出版盆栽用語集について 情報

デジタル大辞泉の解説

あま・い【甘い】

[形][文]あま・し[ク]
砂糖や蜜(みつ)のような味である。「あっちの水は苦(にが)いぞ、こっちの水は―・いぞ」→五味(ごみ)
塩けが少ない。辛くない。「味つけが幾分―・かったようだ」⇔辛い
口当たりが穏やかで、刺激が少ない。酒の味などにいう。「―・いワイン」⇔辛い
(味覚以外の感覚に転じて)
㋐蜜のようなにおいがする。「香水の―・い香り」
㋑話しぶりが巧みで、人をたぶらかすさま。うまい。「―・い言葉で誘う」
㋒心地よくうっとりさせるさま。「―・い声で囁(ささや)く」「―・いマスクの男」
㋓男女の仲がよく、幸せそうなさま。「―・い新婚生活」
㋔ファッションで、リボンやフリル、パステルカラーなどを用いて少女風のかわいらしさを強調しているさま。「―・い服を着こなす」

㋐厳しさに欠けているさま。また、くみしやすいさま。「子供に―・い親」「相手を―・く見たのが誤りだ」
㋑評価の基準が厳格でない。「―・い採点」⇔辛い
㋒しっかりした心構えができていない。「そんな―・い考えでは世間は渡れない」
楽しく、快いさま。「酸いも―・いも噛(か)み分ける」
物事の機能が本来あるべき状態より衰えているさま。「このナイフの切れ味は少し―・い」「ねじが―・くなる」
株価の動きが鈍く低落気味だ。「―・い相場」
[派生]あまがる[動ラ五]あまさ[名]あまみ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あまい【甘い】

( 形 ) [文] ク あま・し
砂糖や蜜みつのような味である。また、甘い味をうまいと感じていたことから、美味の意にも用いた。 ⇔ 辛い 「 - ・い菓子」 「よく熟した-・い柿」 「山々の口より、さくなだりに下したまふ水を-・き水と受けて/祝詞 広瀬大忌祭
塩気が少ない。 ⇔ 辛い 「今日の味噌汁は-・い」 「味付けが-・い」
香りや雰囲気などが蜜の味を思わせる。うっとりと快い。 「バラの-・い香り」 「 - ・いメロディー」 「 - ・いささやき」
人の心を引き付けて迷わせるようだ。 「 - ・い言葉で誘う」
物事に対する態度がなまぬるい。厳しさ・正確さに欠ける。 「女性に-・い」 「見通しが-・い」 「考え方が-・い」 「敵を-・く見るな」
満足できる状態ではない。不十分だ。 「ピントが-・い」 「ねじが-・い」
(程度が)軽い。 「縒りの-・い糸」
[派生] -さ ( 名 ) -み ( 名 )
[慣用] 脇が-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甘いの関連情報