黄玉(読み)おうぎょく

大辞林 第三版の解説

おうぎょく【黄玉】

フッ素とアルミニウムを含むケイ酸塩鉱物。斜方晶系に属し、柱状結晶は硬くてもろい。透明または半透明。色は黄・青・紫・緑などがあり、黄色のものを宝石として珍重する。こうぎょく。トパーズ。

こうぎょく【黄玉】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おう‐ぎょく ワウ‥【黄玉】

〘名〙 斜方晶系の鉱物。宝石の一つ。透明でガラス状光沢があり、色は無色、ときに黄、青、紅色などを帯びる。トパーズ。こうぎょく。〔鉱物字彙(1890)〕

こう‐ぎょく クヮウ‥【黄玉】

〘名〙
① 黄色をした球形のもの。黄色い玉。
※野分(1907)〈夏目漱石〉九「万顆の黄玉(クヮウギョク)は一時に耀く紀の国から、偸み来た香りと思はれる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

黄玉
オウギョク
topaz

Al2F2SiO4.トパーズともいう.斜方晶系,空間群Pbnm,格子定数 a0 = 0.465,b0 = 0.880,c0 = 0.840 nm.単位胞中に4個の基本組成が入る.硬度8.密度3.49~3.57 g cm-3.無色の条痕,ガラス光沢の透明な鉱物.色は無色ないし黄色で,宝石として利用される.なお,商品名としてのトパーズには,硬度7の黄水晶もあるので要注意.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内の黄玉の言及

【トパーズ】より

…和名を黄玉という。鉱物の一種。…

※「黄玉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android