佐野八橋(読み)さのやつはし

精選版 日本国語大辞典「佐野八橋」の解説

さの‐やつはし【佐野八橋】

佐野次郎左衛門と江戸吉原の遊女八橋との事件を主題とする小説戯曲総称。歌舞伎脚本「青楼詞合鏡(さとことばあわせかがみ)」「杜若艷色紫(かきつばたいろもえどぞめ)」「籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)」などが名高い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「佐野八橋」の解説

佐野八橋
(通称)
さの やつはし

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
有職鎌倉山 など
初演
寛政1.8(大坂・北堀江座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android