コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何がな ナニガナ

デジタル大辞泉の解説

なに‐がな【何がな】

[連語]《「がな」は副助詞》願望にかなうものを探し求める気持ちを表す語。なにか。
「俳人の中には―新奇を弄し少しも流行におくれまじとする連中ありて」〈子規・墨汁一滴〉
「―取らせんと思へども」〈宇治拾遺・九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なにがな【何がな】

( 連語 )
なにか。何物か。 「 -とらせんと思へどもとらすべき物なし/宇治拾遺 9」 〔「がな」は不定の意の副助詞。願望を表す終助詞とする説もある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

何がなの関連キーワード吹き付ける・吹き着ける・吹付ける・吹着けるクロード ブラッスールBuzzFeedミレーユ ダルク身二つになる何がなんでも吾が仏尊し頑張りズムおじゃれバディム訴訟記録売らん哉憎体口副助詞くすむ手づつ終助詞萎す

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

何がなの関連情報