コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何がな ナニガナ

デジタル大辞泉の解説

なに‐がな【何がな】

[連語]《「がな」は副助詞》願望にかなうものを探し求める気持ちを表す語。なにか。
「俳人の中には―新奇を弄し少しも流行におくれまじとする連中ありて」〈子規・墨汁一滴〉
「―取らせんと思へども」〈宇治拾遺・九〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なにがな【何がな】

( 連語 )
なにか。何物か。 「 -とらせんと思へどもとらすべき物なし/宇治拾遺 9」 〔「がな」は不定の意の副助詞。願望を表す終助詞とする説もある〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

何がなの関連情報