コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何とやら ナントヤラ

デジタル大辞泉の解説

なんと‐やら【何とやら】

[連語]
名称などのはっきりしないものをさす。なんとか。「何とやらいう人」
どういうわけか。なんとなく。なにやら。
「―恥づかしき事にぞあれど」〈浮・武家義理・一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なんとやら【何とやら】

( 副 )
はっきりした理由がないさま。なんとなく。なにやら。どういう訳か。 「 -心がおどる」
名称や言葉などをぼかしたり、婉曲に言うときに用いる語。なんとか。 「 -いう人が来ました」 「うわさをすれば-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

何とやらの関連キーワード冷えたる曲鹹映ゆいぶつやく各務支考心悪いやくざうわさ門立ち何と連語四角学堂名称

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android