コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何とやら ナントヤラ

デジタル大辞泉の解説

なんと‐やら【何とやら】

[連語]
名称などのはっきりしないものをさす。なんとか。「何とやらいう人」
どういうわけか。なんとなく。なにやら。
「―恥づかしき事にぞあれど」〈浮・武家義理・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なんとやら【何とやら】

( 副 )
はっきりした理由がないさま。なんとなく。なにやら。どういう訳か。 「 -心がおどる」
名称や言葉などをぼかしたり、婉曲に言うときに用いる語。なんとか。 「 -いう人が来ました」 「うわさをすれば-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

何とやらの関連キーワード冷えたる曲ぶつやく各務支考鹹映ゆいやくざ心悪いうわさ門立ち何と連語四角学堂名称

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android