コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何にまれ ナニニマレ

デジタル大辞泉の解説

なにに‐まれ【何にまれ】

[連語]《「なににもあれ」の音変化》なんであってもかまわない。どれと限らず。
「彼はそのために―仕事のありしだい身を骨灰にして働いた」〈中勘助・菩提樹の蔭〉
「―、かにまれ、手にあたらん物を取りて」〈古本説話集・下〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

何にまれの関連キーワード連語

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android