コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菩提樹 ボダイジュ

7件 の用語解説(菩提樹の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぼだい‐じゅ【×提樹】

《〈梵〉bodhidrumaの音写》クワ科のテンジクボダイジュの別名。釈迦がその下で悟りを開いたとされ、原産地インドでは無憂樹(むゆうじゅ)娑羅双樹(さらそうじゅ)とともに三大聖木とされる。
シナノキ科の落葉高木。葉は三角状卵形で、裏面は白い。夏、香りのある淡黄色の小花を下向きにつけ、実は球形で堅い。中国の原産で、寺院で1の代用として植える。同属別種にシューベルトの歌曲名として知られるリンデンバウム(セイヨウボダイジュ)がある。 花=夏 実=秋》「―の実を拾ひをる女人かな/虚子
禅宗で、悟りのこと。
[補説]作品名別項。→菩提樹

ぼだい‐ず【×樹】

ぼだいじゅ(菩提樹)」に同じ。
「黄金の数珠(ずず)箱に、―のをなむ入れさせ給ひたりける」〈落窪・三〉
菩提子(ぼだいし)」に同じ。
「―の数珠具したるたたなど」〈宇津保・国譲中〉

ぼだいじゅ【菩提樹】[曲名]

《原題、〈ドイツDer Lindenbaumシューベルトの歌曲。ホ長調。連作歌曲集「冬の旅」の第5曲の題名。同歌曲集の中でもっとも有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

菩提樹

大和和紀による漫画作品。医学部キャンパスを舞台に愛と青春の日々を描く。『週刊少女フレンド1984年第13号~1985年第13号に連載。講談社コミックスフレンド全3巻。

菩提樹

オーストリアの作曲家フランツシューベルトの歌曲。原題《Der Lindenbaum》。連作歌曲集『冬の旅』の第5曲の題名。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぼだいじゅ【菩提樹】

シナノキ科の落葉高木。中国原産。寺院などに栽植される。葉はやや厚く歪んだ卵心形。夏、淡黄色の小花が散房状につき、花序の基部にへら形の苞がある。材は器具・パルプ・建材用、樹皮の繊維は布やロープとする。リンデンバウムは同属の別種。
インドボダイジュの別名。釈迦が悟りを開いたのはこの木の下といわれる。
曲名(別項参照)。

ぼだいじゅ【菩提樹】

シューベルトの歌曲集「冬の旅」の第五曲。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菩提樹の関連キーワード薩埵阿鼻難陀摩訶衍阿毘羅吽欠蘇婆訶倶舎浮屠摩哆洛叉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

菩提樹の関連情報