骨灰(読み)コッパイ

デジタル大辞泉「骨灰」の解説

こっ‐ぱい〔‐ぱひ〕【骨灰/粉灰】

[名・形動]
細かく打ち砕くこと。粉みじんになること。また、そのさま。
「やわなうたいちぎれて飛ぶじゃよ。…うなる連中―じゃて」〈鏡花歌行灯
「身を―にして働いた」〈中勘助・鳥の物語〉
さんざんな目にあうこと。また、そのさま。
「荒尾君の作などはいつでも―に軽蔑けなされる」〈魯庵社会百面相

こっ‐かい〔‐クワイ〕【骨灰】

動物を、脂肪にかわ質を脱してから焼いて作った燐酸りんさんカルシウムを含むので、燐酸原料燐酸肥料とする。こつばい。

こつ‐ばい〔‐ばひ〕【骨灰】

骨が焼けて灰状になったもの。
こっかい(骨灰)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「骨灰」の解説

こつ‐ばい ‥ばひ【骨灰】

〘名〙
① 骨が焼けて灰状になったもの。
※戦争(1929)〈北川冬彦〉戦争「その骨灰を掌の上でタンポポのやうに吹き飛ばすのは」
② (形動) =こっぱい(粉灰)
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉犬物語「荒尾君の作などは毎でも骨灰(コツバイ)に軽蔑される」

こっ‐かい ‥クヮイ【骨灰】

〘名〙 リン酸肥料の一つ。獣の骨から膠(にかわ)質、脂質などを採取したあとの骨を焼いて灰にしたもの。リン酸カルシウム、窒素などが主成分。肥料のほか、過リン酸石灰、リン酸化合物などの製造原料とする。こつばい。こっぱい。〔工学字彙(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android