コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何やら ナニヤラ

デジタル大辞泉の解説

なに‐やら【何やら】

[副]
実体がはっきりわからないさま。なにかしら。「何やら物音がする」
なんとなく。どことなく。「何やら雨が降りだしそうな雲行き

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なにやら【何やら】

( 副 )
実体がはっきりしないさま。なにか知らないが。なにかしら。 「 -変なことを言っている」 「裏の方で-音がする」
理由はわからないが、漠然とそう感じられるさま。どういうわけか知らないが。なぜか。 「 -悲しくなってくる」 「山路来て-ゆかしすみれ草/野ざらし紀行」
(「…やら」の下に続けて)一々あげないで同類のものがあることを示す。 「引っ越しやら-で忙しい」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

何やらの関連キーワード暗がりから牛を引き出す立て引き・達引きジャンケレビチ野ざらし紀行わっぱさっぱ物騒がしい残り惜しいもがもがのっそりさわたる煮焼きや否や矯めるでえす其文字てこそ宵立ち物音やら菫草

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

何やらの関連情報