何処の馬の骨(読み)ドコノウマノホネ

デジタル大辞泉の解説

何処(どこ)の馬の骨

身元の確かでない者をののしっていう言葉。「何処の馬の骨か知れない奴」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どこのうまのほね【何処の馬の骨】

身元のはっきりしない者をののしっていう語。 「 -とも知れない男に娘はやれない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どこ【何処】 の=馬(うま)[=牛(うし)]の骨(ほね)

素姓の知れない者をののしっていう語。
※浮世草子・世間胸算用(1692)三「其次の玉むし色の羽織は牛涎(にかわ)屋を、どこの牛の骨やらしらいで人のかぶる衣つき」
※歌舞伎・船打込橋間白浪(鋳掛松)(1866)二幕「どこの牛(ウシ)の骨(ホネ)だか馬(ウマ)の骨(ホネ)だか知れもしねえ奴」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android