コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

余剰原則 よじょうげんそくsurplus principle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

余剰原則
よじょうげんそく
surplus principle

1982年に成立した国連の海洋法条約の基本的考え方の一つ。 200カイリ内の漁業については,最大持続生産量 (MSY) ,あるいはこれに準じた根拠に基づいて許容される総漁獲量を設定し,これから自国船の漁獲量を差し引いた分は,外国船にも利用させるということである。他方,2国間が異なる魚種を相互に等量で相手国水域で漁獲し合うことを等量主義 equivalence principleといい,日露間の漁業にも適用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

余剰原則の関連キーワード[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門アダムズ(Richard Adams)石井和紘北村太郎鈴木志郎康蓮實重彦ペトルチアーニスペースシャトル飛行記録メリル ストリープ