コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓮實重彦 はすみしげひこ

3件 の用語解説(蓮實重彦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蓮實重彦
はすみしげひこ

[生]1936.4.29. 東京
評論家,フランス文学者。東京大学卒業,同大学院へと進み,講師,助教授を経て,教授。 1977年『反=日本語論』で読売文学賞を受賞。続く『表層批評宣言』 (1979) などで,客観的に正しい作品論の成立を期待する従来の批評とは異なる,ポスト構造主義批評を展開した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蓮實重彦 はすみ-しげひこ

1936- 昭和後期-平成時代のフランス文学者,評論家。
昭和11年4月29日生まれ。昭和63年東大教授,平成9年同大学長。デリダ,ドゥルーズなどのフランス現代思想の紹介,文芸評論で知られ,昭和53年「反=日本語論」で読売文学賞。平成元年「凡庸な芸術家の肖像」で芸術選奨。「シネマ記憶装置」など映画評論もおおい。東京出身。東大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蓮實重彦
はすみしげひこ
(1936― )

文芸・映画評論家、フランス文学者。専攻は表象文化論。東京生まれ。父は美術史学者・蓮實重康(1904―79)。学習院高等科から一浪ののち、東京大学教養学部文科二類に入学。仏語担当だった助教授山田(じゃっく)がコンパの席で放った、「てめえら、フローベールの感情教育を知らねえだろう。感情教育ってのは終わらねえんだ」との啖呵(たんか)に「将来を決定」(『表層批評宣言』自筆年譜)づけられ、「ギュスタアヴ・フロオベエル、初期作品の研究」をもって文学部仏語仏文科を卒業した。
 大学院仏語仏文学専攻科に進学後の1962年(昭和37)、フランス政府給費留学生として渡仏。のちに妻となるマリー・シャンタル・バン・メルケベークと出会う。65年、パリ大学に博士論文「ボヴァリー夫人によるフローベールの心理的方法」を提出後、帰国。東京大学文学部助手、教養学部講師、同助教授などを経て、88年に東京大学教養学部教授。仏文学における業績には、『フローベール全集』8~10「書簡」(訳編、1967~70)、サルトル『家の馬鹿息子――ギュスターヴ・フローベール論』(共訳、1982~89)などがあり、『凡庸な芸術家の肖像――マクシム・デュ・カン論』(1988)で芸術選奨文部大臣賞を受けた。
 蓮實の特色は何よりもまず、ロブ・グリエ、バルト、リシャールらを中心に「ヌーボー・ロマン」「ヌーベル・クリティック」を論じた『批評あるいは仮死の祭典』(1974)や、当時いまだ知的流行でしかなかった『言葉と物』(1966)、『差異と反復』(1969)、『根源の彼方に――グラマトロジーについて』(1967)というおのおのの代表的著作を「作品」として戦略的に読み解いた『フーコー・ドゥルーズ・デリダ』(1978)に見られる、パセティックかつ高密度な文体にある。模倣者を続出させたこの文体の効力は、「安岡章太郎論」(1971)を嚆矢(こうし)とする文学批評の領野でも最大限に発揮され、いち早く後藤明生の『挟み撃ち』を評価した論稿を収録する『小説論=批評論』(1982)をはじめ、『夏目漱石論』(1978)、『表層批評宣言』(1979)、『物語批判序説』(1985)、『小説から遠く離れて』(1989)などを次々に刊行。対話『闘争のエチカ』(1988)を共著した柄谷行人とともに、80年代以降の日本における知のシーンをリードした。
 また、映画評論家としても活躍。『監督小津安二郎』(1983)、『映画はいかにして死ぬか』(1985)などを発表する一方、編集長の立場で季刊映画誌『リュミエール』の創刊に立ち会い(1985~88)、2001年(平成13)8月には第58回ベネチア国際映画祭・現代映画部門の審査委員長に選出されている。
 他方、東京大学副学長、大学院総合文化研究科教授を歴任後、97年4月、第26代東京大学総長に就任。98年3月27日の卒業式では、東大卒の官僚たちが検挙された金融不祥事に言及、「知識や情報に恵まれていたはずの当事者たちが、まさに知性だけを欠落させているとしか思えない」「東大卒という資格は、知性を今後も無条件で保証し続けるものではない」との異例の指弾を行った。98年12月からは国立大学協会会長も務め、2001年3月に東京大学を退官。
 他の重要な仕事に、唯一の長編小説『陥没地帯』(1986)、『反=日本語論』(1977。読売文学賞評論・伝記賞)がある。[水谷真人]
『『批評あるいは仮死の祭典』(1974・せりか書房) ▽『フーコーそして/あるいはドゥルーズ』(1975・小沢書店) ▽『小説論=批評論』(1982・青土社) ▽『映画はいかにして死ぬか』(1985・フィルムアート社) ▽『凡庸な芸術家の肖像――マクシム・デュ・カン論』(1988・青土社) ▽『フーコー・ドゥルーズ・デリダ』『小説から遠く離れて』『陥没地帯』(河出文庫) ▽『夏目漱石論』(福武文庫) ▽『物語批判序説』(中公文庫) ▽『表層批評宣言』『反=日本語論』(ちくま文庫) ▽『監督小津安二郎』(ちくま学芸文庫) ▽蓮實重彦・柄谷行人著『闘争のエチカ』(河出文庫) ▽ギュスターヴ・フローベール著、蓮實重彦ほか訳編『フローベール全集』8~10「書簡」(1967~70・筑摩書房) ▽ジャン・ポール・サルトル著、平井啓之・鈴木道彦・海老坂武・蓮實重彦訳『家の馬鹿息子――ギュスターヴ・フローベール論』(1982~89・人文書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蓮實重彦の関連キーワード池上忠治岩崎力海老坂武大橋保夫菅野昭正二宮敬花輪莞爾平岡篤頼福井芳男若林真

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蓮實重彦の関連情報