コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

余豊璋 よ ほうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

余豊璋 よ-ほうしょう

?-? 百済(くだら)(朝鮮)の義慈(ぎじ)王の王子。
人質として来日。皇極(こうぎょく)天皇2年(643)大和(奈良県)三輪山で養蜂(ようほう)をこころみたという。660年百済滅亡の危機に送還要請があり,帰国して662年即位したが,翌年新羅(しらぎ)軍に攻められ,高句麗(こうくり)に逃亡したまま消息不明となった。余豊,扶余豊,豊章,糺解,翹岐とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

余豊璋

生年:生没年不詳
7世紀後半の百済の王子。義慈王の子で,余豊,豊章,糺解とも書く。日本語読みは「よ・ほうしょう」。『日本書紀』には,舒明3(631)年義慈王の命により人質として来日したとあるが,この年は義慈王の即位以前で,年次に疑問が残る。皇極2(643)年三輪山(桜井市)の麓で蜜蜂を放養したとあり,この時点で来日していたのは確かであろう。近年は皇極1年来日の翹岐を豊璋にあてる説もある。斉明7(660)年唐・新羅連合軍の攻撃により百済が滅亡すると,百済遺臣は鬼室福信らを中心に復興運動を展開し,豊璋を百済王に迎えたいと願った。天智1(661)年日本は5000人をつけて豊璋を衛送したといい,ここから日本は百済復興運動に全面的に肩入れし,唐・新羅と対決すべく,兵を半島に送ることになる。しかし,百済では豊璋と福信の間が不和になり,豊璋は功臣福信を斬殺させた。こうした君臣間の乱れをついて,陸からは新羅軍が王都に迫り,海では白村江(錦江)の戦で日本が唐に敗退し,663年百済は完全に滅亡することになる。豊璋は高句麗に逃れたというが,高句麗も668年に滅亡しており,その後の消息は不明である。<参考文献>鬼頭清明『白村江』

(森公章)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

余豊璋の関連キーワード白村江の戦い(はくそんこうのたたかい)朴市秦田来津阿曇比羅夫百済昌成鬼室集信狭井檳榔百済善光豊璋王廬原臣軍王

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android