作手(読み)つくで

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

作手(旧村名)
つくで

愛知県東部、南設楽郡(みなみしたらぐん)にあった旧村名(作手村(むら))。2005年(平成17)新城市(しんしろし)に合併、現在は同市の北西部を占める一地区。標高550メートル内外の高原に立地し、長ノ山湿原がある。北部は愛知高原国定公園、南西部は本宮山県立自然公園に含まれる。平坦(へいたん)部は水田単作地帯。トマト、花、茶が特産。国道301号(豊田(とよた)―浜松間)によって近隣都市への通勤者も増えた。岡崎(おかざき)市との境界に本宮山(ほんぐうさん)スカイラインが走る。長者平(ぴら)には中世の米福(よねふく)長者の伝説がある。甘泉(かんせん)寺は名刹(めいさつ)で、コウヤマキ(国指定天然記念物)、涅槃(ねはん)図(県指定文化財)がある。[伊藤郷平]
『『作手村誌』全2巻(1960、1982・作手村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる