作用因(読み)サヨウイン

大辞林 第三版の解説

さよういん【作用因】

〘哲〙 アリストテレスの説く事物が生成するための四原因の一。例えば、家に対しては、建築家ないしその技術。始動因。動力因。期成因。 → 原因

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android