始動因(読み)しどういん

精選版 日本国語大辞典の解説

しどう‐いん【始動因】

〘名〙 アリストテレスの唱えた、四原因の一つ。生成、変化、運動を引き起こす力となるもの。たとえば、建築でいえば、設計図(形相因)に従って、木材や石などの材料(質料因)を動かし変形し組み合わせる大工の腕をさす。作用因

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の始動因の言及

【アリストテレス】より

…彼によれば,どんな学問も第1の原理・原因を知ることによって初めて本当の知識となるのだが,自然の事象の原因となるものには4種類ある。すなわち,(1)形相因(何であるか,本質),(2)質料因(何からできているか,素材),(3)始動因(運動変化を起こさせるもの),(4)目的因(何のためか)がそれである。彼はタレス以来の彼に先立つ哲学者たちの求めていたものがこの4原因のどれかに当たり,その範囲を出るものではないと見た。…

※「始動因」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android