コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作話症 さくわしょう

1件 の用語解説(作話症の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

作話症【さくわしょう】

虚談症とも。コルサコフ病の主要症状。記憶障害により以前の経験が思い出せないために,空想を実際の経験として話し,自らはその虚偽を意識しない。脳器質性疾患,慢性アルコール中毒老人性認知症(痴呆(ちほう)),頭部外傷などにみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

作話症の関連キーワードコルサコフコルサコフ症候群リムスキー=コルサコフ記憶障害虚談リムスキーコルサコフウェルニッケ-コルサコフ症候群ラフマニノフ:熊蜂の飛行(リムスキー=コルサコフ原曲)/piano soloローゼンブラット:リムスキー・コルサコフの主題によるファンタジー/2 pianos 4 hands咽頭麻痺 (pharyngoplegia)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone