コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老人性認知症 ロウジンセイニンチショウ

デジタル大辞泉の解説

ろうじんせい‐にんちしょう〔ラウジンセイニンチシヤウ〕【老人性認知症】

認知症のうち、加齢による障害が原因で起こるものの通称老年期になって脳が変性・萎縮するために、判断・理解・記憶・計算などの知的機能の低下や性格の変化がみられ、普通の日常生活や社会関係が保てなくなるもの。アルツハイマー型や動脈硬化性の認知症などがある。老人性痴呆

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

老人性認知症【ろうじんせいにんちしょう】

脳の老人性退行変化のために起こる精神疾患で,老人性痴呆と呼ばれていた。初めは人格変化,特に元来の性格が極端化し,無分別,無遠慮,不機嫌,利己的となり,道徳感情が低下し,物忘れがひどくなる。
→関連項目音楽療法記憶障害化粧療法コルサコフ病錯乱作話症失禁スマートドラッグ痴呆DHAホルモン補充療法

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

老人性認知症の関連キーワード認知症疾患医療センターコルサコフ症候群認知症の相談窓口アミロイドーシスアルツハイマー病若年性認知症ナイトケア精神科病院新福尚武もうろく老人斑クルミ老人病

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android