老人性認知症(読み)ろうじんせいにんちしょう

百科事典マイペディア「老人性認知症」の解説

老人性認知症【ろうじんせいにんちしょう】

の老人性退行変化のために起こる精神疾患で,老人性痴呆と呼ばれていた。初めは人格変化,特に元来の性格が極端化し,無分別,無遠慮,不機嫌,利己的となり,道徳感情が低下し,物忘れがひどくなる。進行すると何もしないでぼんやりと日々を送る。ときに妄想(もうそう),興奮などの症状を伴う。70歳前後に発病することが多く,予後不良。治療は対症療法が中心。→アルツハイマー病
→関連項目音楽療法記憶障害化粧療法コルサコフ病錯乱作話症失禁スマートドラッグ痴呆DHAホルモン補充療法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「老人性認知症」の解説

ろうじんせい‐にんちしょう〔ラウジンセイニンチシヤウ〕【老人性認知症】

認知症うち加齢による障害原因で起こるものの通称老年期になって脳が変性・萎縮するために、判断理解記憶計算などの知的機能の低下や性格の変化がみられ、普通の日常生活や社会関係が保てなくなるもの。アルツハイマー型や動脈硬化性の認知症などがある。老人性痴呆。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android