コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老人性認知症 ロウジンセイニンチショウ

2件 の用語解説(老人性認知症の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ろうじんせい‐にんちしょう〔ラウジンセイニンチシヤウ〕【老人性認知症】

認知症のうち、加齢による障害が原因で起こるものの通称。老年期になって脳が変性・萎縮するために、判断・理解・記憶・計算などの知的機能の低下や性格の変化がみられ、普通の日常生活や社会関係が保てなくなるもの。アルツハイマー型や動脈硬化性の認知症などがある。老人性痴呆

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

老人性認知症【ろうじんせいにんちしょう】

脳の老人性退行変化のために起こる精神疾患で,老人性痴呆と呼ばれていた。初めは人格変化,特に元来の性格が極端化し,無分別無遠慮,不機嫌,利己的となり,道徳感情が低下し,物忘れがひどくなる。
→関連項目音楽療法記憶障害化粧療法コルサコフ病錯乱作話症失禁スマートドラッグ痴呆DHAホルモン補充療法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

老人性認知症の関連キーワード認知症パンチドランカーアルツハイマー型認知症二次性頭痛脳血管性認知症斑惚けレビー小体型認知症ガラクトース-1-リン酸ウリジリルトランスフェラーゼ欠損中毒症認知症の症状

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

老人性認知症の関連情報