コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

併合[国際法] へいごう[こくさいほう]annexation

翻訳|annexation

1件 の用語解説(併合[国際法]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

併合[国際法]
へいごう[こくさいほう]
annexation

一国が他国の全領域を取得し,被併合国が国家としての存在を失う行為。合意に基づいてなされる任意的併合と,実力に基づいてなされる強制的併合 (征服) とがある。かつて国際法は征服を領域取得の正式の権限として認めていたが,現在では不戦条約国際連合憲章武力行使が制限,禁止されているためこれに違反する強制的併合は認められない。なお,被併合国の国民は,原則として従来の国籍を喪失し,併合国の国籍を取得する。被併合国の条約上の権利義務については,併合された土地そのものに付随するものは一般に併合国に承継され,それ以外のものは併合によって消滅するものとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone