コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

使い捨て雇用 つかいすてこよう

1件 の用語解説(使い捨て雇用の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

使い捨て雇用

企業が若年労働者を大量に採用しては賃金不払残業や過重労働を強いたり、パワーハラスメントを行ったりして退職に追い込むこと。物を使い捨てるように労働者を扱うことから生まれた造語。ブラック企業の特徴とされる。こうした処遇を受けた若年労働者が健康を害したり、自殺したりするケースが多発していることを受け、2013年に厚生労働省がブラック企業の疑いがある約5000の事業所への調査を実施した。結果、約8割の4000事業所で労働基準関係法令への違反があることが判明し、同省が是正勧告を行った。また、同省は就職を希望する学生が参考にできるよう、15年春入社採用から過去3年間の採用者数と離職者数を求人票に明示することを企業に要請するとしている。

(2013-12-20)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

使い捨て雇用の関連キーワード賃金統計労働者階級採用通知賃金労働者未組織労働者若年直接雇用賃金奴隷非正規労働者ノーワーク・ノーペイの原則

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone