軍奉行(読み)いくさぶぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軍奉行
いくさぶぎょう

戦陣にあって軍事総指揮にあたる者の職名鎌倉幕府の初期には臨時の職であったが,のち,侍所別当所司が必ずこの任にあたるようになった。室町幕府もこれにならったが,応仁の乱後は所司以外の人も任じられた。その他,諸大名家においても軍事に習熟した者をもってこれにあてた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いくさぶぎょう【軍奉行】

中世に大将軍のもとにあって,軍勢着到をつけ,実戦を指揮し,味方の手負い・死人を実検し,合戦の記録を作成し,軍功の判定にあたるなど,おもに合戦の実務面をつかさどる重職。臨時の職。〈《吾妻鏡》〉文治元年(1185)4月21日条に,源頼朝が平家追討のことによって義経・範頼を西海に派遣したとき,〈軍士等のことを奉行せしめんがため〉侍所の別当の和田義盛を範頼に,同所司(次官)の梶原景時を義経につけたとあるのが,実例としては早いほうであろう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いくさぶぎょう【軍奉行】

鎌倉・室町幕府の職名。戦の際の臨時の職で、軍事全般の総指揮にあたる。一般に、侍所の別当・所司が任じられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android