供御・後後(読み)こご

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「くご(供御)」の変化した語。「ごご」とも)
① 食事を丁寧にいう語。→御供御(おこご)
② 禁中で御飯を調進する女。
※随筆・嘉良喜随筆(1750頃)一「禁中にて御飯を調進する女を後々と云、供御なるべし」
③ 神仏へのおそなえもの。京都の賀茂神社でいう語。
※随筆・嘉良喜随筆(1750頃)一「賀茂にては神供を後後と云、今在家にて中食を小後々(をこご)と云も是か」
④ 飯。めし。〔物類称呼(1775)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android