後後(読み)アトアト

デジタル大辞泉の解説

あと‐あと【後後】

将来。のちのち。「後後のために蓄えておく」

のち‐のち【後後】

それよりずっとあと。また、これから先。将来。「後後まで語り継がれる」「後後役立つだろう」
死者の法事をする7日目ごとの日。
「―の御業(わざ)など孝じ仕うまつり給ふさまも」〈賢木

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あとあと【後後】

将来。のちのち。 「 -困ることになる」

のちのち【後後】

これから先。将来。あとあと。副詞的にも用いる。 「 -のことまで考える」 「 -心配のないようにしておく」
それ以後。 「あひ知りて侍ける人、-までこずなりにければ/後撰 秋下詞
死者の法事を営む七日目ごとの日。 「 -の御わざどもし給ふ/宇津保 忠こそ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android