神供(読み)ジンク

大辞林 第三版の解説

じんく【神供】

〔「じんぐ」 「じんぐう」とも〕
神への供え物。お供物くもつ
密教で、護摩ごまをたくとき、壇を設けて十二天ならびに鬼神などに供物をささげること。

じんぐう【神供】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じん‐く【神供】

〘名〙 (「じんぐ」とも)
① 神への供え物。御供物。神饌
※九暦‐逸文・天暦四年(950)五月二四日「仰奉皇子今日七ケ日間可奉仕元神供之由、其物以不穢之処物之」
② 仏語。諸神に供養する法。密教で灌頂などの時、道場外に壇を設けて十二天ならびに鬼神などに供物をささげること。
※東大寺続要録(1281‐1300頃)拝堂篇「開御倉之時有神供〈米五斗、御幣新紙一帖〉」

じん‐ぐう【神供】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android