コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神供 ジンク

デジタル大辞泉の解説

じん‐く【神供】

《「じんぐ」とも》
神への供え物。供物(くもつ)。
密教で、修法などを行じるとき、道場外に壇を設けて十二天や鬼神に供養する作法。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

神供【じんく】

神に対する供物。もとは神を人間と同様に考えて,時々の衣食の料を衣類は仕立てて,食物は料理して供えた。神に対する考え方の変化,祭の形式化とともに,海山の物をそのままに盛り供えることが多くなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

じんく【神供】

〔「じんぐ」 「じんぐう」とも〕
神への供え物。お供物くもつ
密教で、護摩ごまをたくとき、壇を設けて十二天ならびに鬼神などに供物をささげること。

じんぐう【神供】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

神供の関連情報