コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

価値法則 カチホウソク

3件 の用語解説(価値法則の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かち‐ほうそく〔‐ハフソク〕【価値法則】

マルクス経済学で、商品の価値は、その生産のために社会的に必要な労働時間によって決定されるとするもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

価値法則
かちほうそく
Wertgesetzドイツ語

商品の価値は、それを生産するのに社会的に必要な労働時間によって規定されるという法則をいう。これは商品生産社会のもっとも基本的な法則であって、この法則が商品交換を規制すると同時に、商品生産を規制する。すなわち、いかなる社会においても必要な、人間の欲望に対応しての社会的総労働の各生産部門への配分を規制する。この法則はあらゆる変動を通して長期的、平均的に貫徹する。[二瓶 敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone