コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

価値法則 カチホウソク

デジタル大辞泉の解説

かち‐ほうそく〔‐ハフソク〕【価値法則】

マルクス経済学で、商品の価値は、その生産のために社会的に必要な労働時間によって決定されるとするもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かちほうそく【価値法則】

商品生産の基本的経済法則。商品の価値はその生産のために必要な労働の量によって決まり、この価値にしたがって商品が交換されるというもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

価値法則
かちほうそく
Wertgesetzドイツ語

商品の価値は、それを生産するのに社会的に必要な労働時間によって規定されるという法則をいう。これは商品生産社会のもっとも基本的な法則であって、この法則が商品交換を規制すると同時に、商品生産を規制する。すなわち、いかなる社会においても必要な、人間の欲望に対応しての社会的総労働の各生産部門への配分を規制する。この法則はあらゆる変動を通して長期的、平均的に貫徹する。[二瓶 敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

価値法則の関連キーワードアミン(Samir Amin)社会主義的原始蓄積オストロビチャノフ地代(ちだい)社会主義社会労働価値説見えざる手国際価値論社会科学利潤

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android