コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保因者 ホインシャ

デジタル大辞泉の解説

ほいん‐しゃ【保因者】

劣性遺伝病の原因となる遺伝子を持っているが、発症していない人。また、ウイルスなどに感染していても症状が現れていない人(無症候性キャリア)をいう。
[補説]保因者は、一対(いっつい)(2本)の染色体の一方に病気の原因となる遺伝子をもつ。常染色体劣性遺伝の場合、正常な染色体が1本あれば発症せず保因者となる。X染色体劣性遺伝(伴性劣性遺伝)の場合、病気の原因となるX染色体(X')を1本だけもつ女性(XX')は発症せず保因者となるが、男性(X'Y)は正常なX染色体がないため必ず発症する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

保因者の関連キーワード福山型先天性筋ジストロフィー進行性筋ジストロフィー症血友病(ヘモフィリア)レックリングハウゼン病副腎白質ジストロフィー遺伝カウンセリングフェニルケトン尿症遺伝子診断の問題点成人T細胞白血病常染色体劣性遺伝X染色体劣性遺伝脊髄性筋萎縮症凝固因子欠乏症X連鎖劣性遺伝遺伝病の種類多発性嚢胞腎常染色体異常着床前診断神経筋疾患遺伝相談

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android