コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保安鉱柱 ほあんこうちゅうsafety pillar

1件 の用語解説(保安鉱柱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保安鉱柱
ほあんこうちゅう
safety pillar

坑内の安全のため,採掘しないで残しておく鉱体の一部。鉱山の坑内構造,特に坑道の変形をできるだけ小さく保ち,落盤などの災害や,採掘中の鉱脈や炭層に不必要な力が加わって採掘上不都合な事態が発生するのを防ぐため,力学的計算結果に基づいて残される。炭層については保安炭柱,鉱床については保安鉱柱といって区別する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone