保志忠彦(読み)ほし ただひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

保志忠彦 ほし-ただひこ

1938- 昭和後期-平成時代の経営者。
昭和13年4月9日生まれ。東京アールエス勤務などをへて,昭和48年第一興商を設立し,51年社長。業務用カラオケ事業をはじめる。レーザーディスク・通信カラオケシステム,ソフトの販売・賃貸などで業績をのばした。北海道出身。小樽緑陵高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android