コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信玄餅

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

信玄餅[菓子]
しんげんもち

北陸甲信越地方、山梨県の地域ブランド。
山梨県を代表する銘菓で、土産物としても有名。金製軒の「信玄餅」(登録商標)、桔梗屋の「桔梗信玄餅」のふたつが知られている。いずれの名称も戦国武将・武田信玄に由来する。「信玄餅」(原料:砂糖・餅米粉・黒蜜・きな粉・水飴)は、信玄が出陣の際、非常食糧として欠かせなかった切り餅にちなんでつくられたもの。「桔梗信玄餅」(原料:砂糖・水飴・黒蜜・餅粉・きな粉)は、古来より山梨県や静岡県で盆の時期に食べられた安倍川餅(餅にきな粉・黒蜜をかけたもの)をヒントにつくられたといわれる。販売網の広さなどから、桔梗の花をあしらった袋入り「桔梗信玄餅」を目にすることが多い。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

信玄餅の関連キーワード甲府(市)

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信玄餅の関連情報