コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桔梗 キキョウ

デジタル大辞泉の解説

き‐きょう〔‐キヤウ〕【×梗】

キキョウ科の多年草。日当たりのよい山野に生え、高さ約1メートル。葉は長卵形で、裏面がやや白い。8、9月ごろ青紫色の釣鐘形の花が咲く。つぼみのときは風船状をなし、花びらの先が5裂して開く。園芸種には白色花や二重咲きのものもある。秋の七草の一。根は漢方で薬用。おかととき。ありのひふき。きちこう。 秋》「かたまりて咲きて―の淋しさよ/万太郎
襲(かさね)の色目の名。表は二藍(ふたあい)、裏は青。きちこう。
桔梗色」の略。
紋所の名。キキョウの花をかたどったもの。

きち‐こう〔‐カウ〕【×桔梗】

キキョウ別名 秋》
ききょう(桔梗)2」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ききょう【桔梗】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。キキョウ科キキョウの根を乾燥したもの。サポニンビタミンAなどを含み、去痰(きょたん)鎮咳(ちんがい)排膿(はいのう)、血管拡張などの作用がある。扁桃(へんとう)炎咽頭(いんとう)炎に効く桔梗石膏(せっこう)、扁桃炎、咽頭炎、気管支炎に効く桔梗湯(とう)化膿(かのう)性の腫(は)れ物湿疹(しっしん)に効く十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)などに含まれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ききょう【桔梗】

キキョウ科の多年草。山野に自生する。秋の七草の一。茎は高さ約80センチメートル。葉は卵形。夏から秋、径5センチメートルほどの青紫色で鐘形の花を茎頂に数個つける。栽培品には白色・半八重のものなどがある。漢方で根を去痰きよたん・鎮咳ちんがいなどの薬用とする。古名、アリノヒフキ・アサガオ・キチコウ。 [季] 秋。
かさねの色目の名。表は二藍ふたあい、裏は青。きちこう。きこう。
家紋の一。桔梗の花や葉をかたどったもの。

きちこう【桔梗】

キキョウの異名。 [季] 秋。 《 -も見ゆる花屋が持仏堂 /蕪村 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

桔梗 (キキョウ・アリノヒフキ;キチコウ)

学名:Platycodon grandiflorus
植物。キキョウ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

桔梗の関連キーワードPlatinum#3776 会津蒔絵 キキョウくらっくすきゃんでぇ~氷砂糖小柴胡湯加桔梗石膏織り一重・織一重エクスプローラ時今也桔梗旗揚桔梗信玄餅排膿散及湯馬盥の光秀桔梗の間三宅花圃菅沼斐雄トラジー泡坂妻夫市川中車思ひ種桔梗皿持仏堂紺桔梗甚三紅

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桔梗の関連情報