コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信託業 シンタクギョウ

1件 の用語解説(信託業の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんたく‐ぎょう〔‐ゲフ〕【信託業】

信託の引き受けを営業として行うこと。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の信託業の言及

【信託】より

…それだけ受益者の法的地位が強化されたわけであり,これが英米法系の諸国において信託を契約と並ぶ一般的な法制度として発展させたおもな原因である。日本では1905年の担保付社債信託法によって信託思想が導入され,22年の信託法および信託業法によって一般的な信託制度の法制化が実現した。
[信託の種類]
 信託には大別すると私益信託と公益信託の2種がある。…

※「信託業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

信託業の関連情報