コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修善 シュウゼン

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐ぜん〔シウ‐〕【修善】

[名](スル)善行を積むこと。

しゅ‐ぜん【修善】

仏語。善行を積むこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうぜん【修善】

( 名 ) スル
善行を積むこと。

しゅぜん【修善】

〘仏〙
善を行うこと。 「 -の心は露許りもなく/太平記 22
修行によって得られた善。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

修善の関連キーワード特急スーパービュー踊り子静岡県伊豆市修善寺静岡県伊豆市柏久保聖人(しょうにん)伊豆箱根鉄道駿豆線修善寺郷土資料館船原[温泉]吉奈[温泉]修善寺〈町〉修善寺[町]修禅寺宝物殿伊豆[市]伊豆(市)特急踊り子くるら戸田修善寺温泉修禅寺物語月ヶ瀬温泉河内屋可正金剛峯寺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android