修善(読み)しゅぜん

精選版 日本国語大辞典「修善」の解説

しゅ‐ぜん【修善】

〘名〙 (「しゅ」は「修」の呉音) 仏語。善を行なうこと。善行を積むこと。正しい行ないをすること。
※勝鬘経義疏(611)無辺聖諦章「二種聖諦皆是修善之縁」
※太平記(14C後)二二「無用なるに僧、法師を殺し、仏閣、社壇を焼き壊ち、修善(シュゼン)の心は露計りもなく」

しゅう‐ぜん シウ‥【修善】

〘名〙 善行を積むこと。正しい行ないをすること。しゅぜん。
※自由之理(1872)〈中村正直訳〉五「政府自己の修善上進するをも、併せて妨害することなり」 〔史記‐李斯伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「修善」の解説

しゅ‐ぜん【修善】

仏語。善行を積むこと。

しゅう‐ぜん〔シウ‐〕【修善】

[名](スル)善行を積むこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android