コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俳諧十論 はいかいじゅうろん

1件 の用語解説(俳諧十論の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はいかいじゅうろん【俳諧十論】

俳諧論書。支考著。1719年(享保4)刊。自序などに1691年(元禄4)に成立していたように書かれているのは虚構であろう。内容は,俳諧の伝,俳諧の道,俳諧の徳,虚実の論,姿情の論,俳諧地,修行地,言行論,変化の論,法式の論の10項目について説いたものであり,芭蕉の言説などをもとに自己の解釈を加えて独自の俳論を組み立てている。支考の俳論書の中でも最も体系化されている。支考はさらに,《十論為弁抄》を刊行,越人の論駁書《不猫蛇(ふみようじや)》が書かれたりしたが,後世への影響は大きく,《俳諧非十論》などの難書や《俳諧十論衆議》《俳諧十論発蒙》などの注釈書が書かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

俳諧十論の関連キーワード坂上松春油糟御傘新増犬筑波集続猿蓑俳諧歳時記誹諧初学抄芭蕉翁廿五箇条近来俳諧風体抄伊吹東恕

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone