コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俳諧問答 はいかいもんどう

世界大百科事典 第2版の解説

はいかいもんどう【俳諧問答】

俳諧論書。元禄10年(1697)閏2月付で去来が其角(きかく)に送った書状皮切りに,翌年にかけて許六(きよりく)と去来の間で交わされた往復書簡を集めたもの。〈贈晋氏其角書〉〈贈落柿舎去来書〉〈答許子問難弁〉〈再呈落柿舎先生〉〈俳諧自讃之論〉〈自得発明弁〉〈同門評判〉から成る。去来は“不易流行”論,許六は“血脈”説を前面に打ち出して論をたたかわせており,蕉風俳論書として第一級の価値をもつ。1785年(天明5),浩々舎芳麿により《俳諧問答青根が峰》として出版され,1800年(寛政12)《俳諧問答》の題で再版された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

俳諧問答の関連キーワード河合智月向井去来森川許六ひさごしをり軽み

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android