コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俳諧問答 はいかいもんどう

1件 の用語解説(俳諧問答の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はいかいもんどう【俳諧問答】

俳諧論書。元禄10年(1697)閏2月付で去来が其角(きかく)に送った書状を皮切りに,翌年にかけて許六(きよりく)と去来の間で交わされた往復書簡を集めたもの。〈贈晋氏其角書〉〈贈落柿舎去来書〉〈答許子問難弁〉〈再呈落柿舎先生〉〈俳諧自讃之論〉〈自得発明弁〉〈同門評判〉から成る。去来は“不易流行”論,許六は“血脈”説を前面に打ち出して論をたたかわせており,蕉風俳論書として第一級の価値をもつ。1785年(天明5),浩々舎芳麿により《俳諧問答青根が峰》として出版され,1800年(寛政12)《俳諧問答》の題で再版された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

俳諧問答の関連キーワード宮崎安貞元禄の大火宮崎安貞ポーランド史ハイチ都井岬カナレット賀茂真淵噶爾丹北島雪山

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone