コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉墻麻呂 くらかきの まろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倉墻麻呂 くらかきの-まろ

?-? 飛鳥(あすか)時代の武人。
壬申(じんしん)の乱(672)で大海人(おおあまの)皇子(天武天皇)側に属し,将軍大伴吹負(おおともの-ふけい)の指揮下でたたかう。河内(かわち)から攻めてきた大友皇子方の軍をむかえうつため,坂本財(たから)らと300の兵をひきいて大和の竜田(たつた)(奈良県生駒(いこま)郡)をかためた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

倉墻麻呂の関連キーワードあすか壬申武人

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android