コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉墻麻呂 くらかきの まろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倉墻麻呂 くらかきの-まろ

?-? 飛鳥(あすか)時代の武人。
壬申(じんしん)の乱(672)で大海人(おおあまの)皇子(天武天皇)側に属し,将軍大伴吹負(おおともの-ふけい)の指揮下でたたかう。河内(かわち)から攻めてきた大友皇子方の軍をむかえうつため,坂本財(たから)らと300の兵をひきいて大和の竜田(たつた)(奈良県生駒(いこま)郡)をかためた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

倉墻麻呂の関連キーワードあすか壬申武人

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android