個人請負労働者(読み)コジンウケオイロウドウシャ

デジタル大辞泉の解説

こじん‐うけおいろうどうしゃ〔‐うけおひラウドウシヤ〕【個人請負労働者】

企業等と直接請負契約を結び、個人事業主として業務に従事する人。→請負労働者
[補説]俳優・プロスポーツ選手・フランチャイズ店長・在宅ワーカー・フリーのコンピューター技術者などに見られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

人事労務用語辞典の解説

個人請負労働者

企業と雇用関係を持たない個人請負の契約労働者を言います。最近、急増していると言われますが、労働基準法上の労働者に該当しないため、労働法などの保護の対象にはなりません。
(2005/8/29掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android