個別資料(読み)こべつしりょう(英語表記)item

図書館情報学用語辞典 第5版「個別資料」の解説

個別資料

体現形の単一の例示を表す実体”(『日本目録規則2018年版』用語解説).FRBRおよびIFLA LRMで定められた書誌的実体を表す4つの実体群の一つ.『日本目録規則2018年版』(2018)やRDAにも採用されている.個別資料は,貸出返却の際に用いられるような情報資源の物理的な単位であり,具体化された体現形のうちの手元にある一つのものを指す.例えば,村上春樹の『ノルウェイの森』の文庫本のうち,ある図書館に所蔵された個別の1点1点を個別資料と捉える.2巻組の図鑑のように,複数ユニットから成ることもある.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android